アイドル×西野七瀬×脱退×可能性×構造的

乃木坂46さんに所属してる西野七瀬さんが、乃木坂46からの脱退を発表いたしました。
きっとファンの方々は何があったんだ? と困惑されている方や、その方がいい! と思っている方他、色々な憶測が飛び交っているようです。

外野から見て、年齢的にもアイドルとしては厳しいときっと本人様も考えていたのでしょうし、自分に自信があるという部分もあり、こういうグループで好きなことができない自分も感じていたでしょうし、ディレクターさんとの恋が表沙汰になったという部分でグループに迷惑をかけると思ったのもあったでしょうし、今後好きな人と自由に恋愛をしたいという部分も大きいと思います。

と書くと、恋愛なんてしてない! 処女でピュア! そんな子じゃない! という方々は逆に今すぐファンを辞めて彼女を作るのに力を注ぐか、結婚相談所に行くのをオススメいたします。

まず、アイドルというのは、グループ内にいると「自分の好きなこと」ができません。

アイドルっぽい曲はダサいから歌いたくないなぁ、こんな服は着たくないな、好きでもない映画を見て好きというのはイヤだし、握手会? キモい…。清純なイメージついちゃうよなあ。と、先の人生を考えるわけです。

仕事柄、裏でも色々なアイドルさんと話したり、実は相談を受けたりもしていますが、わたしの経験上、ピュアとか清純派とか正統派とかで売っている子に限って真逆のプライベート。

逆に、仕事上で毒舌だったり、やんちゃなキャラの人ほど日常ではびっくりするくらい真面目で大人しい。

これはきっと自分の本性に嘘をつき続ける、自分を騙している、そして大人から仕事だからとキャラを無理矢理に設定されることで、徐々になんとも言えない違和感とストレスが自分に溜まっていき、いつかダムが崩壊するようにあふれてしまう。

西野さんもきっと同じように、秋元さんの純粋売りビジネスに嫌気が差したのだと思います。

あくまでも統計上ですが、秋元グループを抜けて大成功する確率は非常に低くなっています。

それは「AKB」「乃木坂」などの大人がマーケティングで作った冠がなくなってしまうからです。

そして周囲もそのマーケティングの遺品を欲しがる為、いつまで経っても「元AKB」と付けてしまう。

これを自分で言い出すともう末期。

結局は依存しないとやっていけない能力しかないという証明になってかっこ悪いです。

あくまでも客観的にですが、西野さんも個人になるときびしく、その冠のぬくもりが残る2年が限界だと正直思います。

が、漫画の修羅の門の主人公のように、仮面を脱いで本性を現したらすごい事になるとも思います。

まずは冠を投げ捨てて、修羅を見せてくれることを楽しみにしています!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中