事実婚の正体×結婚との違い×手続き?×はあちゅう×カッコ悪い

このブログで何度か書いていますが、事実婚という言葉がどうしても理解できないのです。

まず、この「婚」という漢字は、結婚の婚ですよね。

この結婚という法的に認められた関係だからこそ、結婚なわけです。

つまり、事実という言葉が付いていますが、事実上、事実婚は事実じゃないんです。

と、なんだか事実として事実が連発されてしまい、嘘くさくなってきましたが、つまりは嘘婚ということが事実です。

しみけんさんと、はあちゅうさんがこの嘘婚をして、手続きをしてきましたと書いていましたが、これはどういうものなのか? 

本当の結婚ではないのに手続きなんて国に必要? ということで私なりに調べてみました。

すると、本人さんではないのでわかりませんが、おそらくは住民票を同じ住所にする。というものだと思われます。

これをすることによって、「嘘婚」となるのだそうです。

どうして普通に結婚しないのだろう? 

もちろんそれは個人の自由であって、籍を入れないのも理解できます。

でもね、だったらどうして「事実婚」なんていう言葉を使うんだろう? 

全て知っているわけではありませんが、はあちゅうさんって、現実主義といいますか、物の本質を探していくタイプの人だと思っていますし、しみけんさんもすごく博学で、地上波ではないですが、クイズ番組ですごい活躍をしていました。

そんな2人がどうして真っ直ぐに結婚しないのだろう? 

そして、しないのだったら、同棲しています。付き合っています。ではなく、事実婚なんていう矛盾のある造語をなぜ使っているのか? 

そして、それをなぜ公表する必要があるのか? 

それもわかりません。

だってただの同棲だよ?

結婚って「責任感」をお互いが負うことで、その負う以上の幸せが生まれることだと思うんです。

もちろん日本の結婚制度が完全に得だとは思っていません。

が、ハッキリするというのは大事なことだと感じています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中