茂木健一郎×学者?×意味のないアンケート×キングコング×いじり

自称、脳科学者の茂木健一郎さんが、キングコング梶原さんのイジリ炎上のタイミングに合わせて、ご自身のツイッターで、「日本のお笑い文化のイジリが好き?」というアンケートをとりました。

その結果、好きなのは全体の約2割という数字が出たのですが、実はこれには何の意味もありません。

まず、ツイッターで回答している人たちの多くは、小学生や中学生を含む子達です。

そして、その子たちがお笑いの一種の技術である「イジリ」なんてそもそも理解していません。

これは例えるならば、ハワイに一度も行ったことのない人に、ハワイってどう? と聞くのと同じ。

そもそも、イジリというのは別に日本だけの文化ではなく、例えば海外ではスタンダップコメディをやっている方々は政治や個人をガンガンいじるのが基本ですし、ドラマでもなんでも突き詰めると誰かを「イジる」ことで物語は成立しています。

なので別に日本のお笑いに限ったことではなく、たまたま「ちょっとわかりやすい」だけなんです。

それを日本の文化だとする茂木さんはちょっと勉強不足なのかな? と感じてしまいました。
だってそもそも茂木さんはお笑いの方ではありませんし、お笑いをやれる人ではありません。
そんな人がお笑いにメスを入れること自体がナンセンス。

ゲームやアニメを大して見ていない人が、子供へのゲームの影響が! と論議しているようなものなんです。

ところで脳の学者ってこんな芸能ネタを拾うくらい他にやることないのかな?


と、茂木さんをイジってみました。ごめんなさい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中