なんでだろう×バチェラー×あいのり×女の特徴×恋愛番組

昔から感じていたのですが、どうして恋愛バラエティに出演している、もしくはしてきた女性って薄いんだろう……。

薄いというのは外見の部分ではなく、内面の薄さといいますか、安いといいますか、自分を大事にしている風といいますか……。
もちろん番組自体には台本があってそれを半分演じているのはわかるのですが、その中の薄いキャラが日常にも出てしまっているように思うんですよね。
頭の悪い雰囲気のパーティーピーポーのようないつまでも私って可愛いでしょ?感。

そしてそれを表に自分からSNS等に出して、いいねとかコメントを必死で待ってる感。
この感覚というのはきっと多くの人が感じているからこそ、昔あいのりに出ていましたとかの女性のそういった投稿を取り上げるニュースのコメントに肯定的なものは圧倒的に少ない。


日本って、度に遠く届いていないものと、超えられていないものを嫌います。
例えば、キャラとして度を超えている深田恭子さんなどは、嫌いな人もいますがもう周囲も諦めているといいますか、きっと本人は悩んでいるしキャラって大変だな感があるので肯定的。

ですが、あいのりだかの、桃なんとかさんとかは、一般人の方で、芸もなく、度も超えられておらず、ほぼ確実にガチでそういう人なので日本人は受け付けない。
痛い人を見て、キツ……と言って叩く対象として存在している。

やはり芸がなく、ただ単に彼氏がなんとかとか言っているだけの人って今後確実に問題を起こしますし、逆に言えば問題を起こさないと収入がなくなるわけです。


20代のうちはそれでもチヤホヤするモテない男性タニマチがいるのでいいのですが、30を超えてくるとそれに比例して相手にされなくなってきます。
彼氏だってもっと若くて可愛い方がいいのですから、そっちに逃げて離れていきます。


恋愛を公開することなんて芸でもなんでもありません。
こういう人達ってリアルに相手にされなくなって、価値がなくなってから自分になぜ価値がないのかに気がつくんだろうな……とちょっとかわいそうに思ってしまうのでした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中