ジャニー喜多川×ひっくり返る×暴露本×数日で×日本のメディア×不思議

ジャニーズ事務所のボス、ジャニー喜多川さんがお亡くなりになりました。ご冥福をお祈りいたします。

私自身はジャニーズさんのタレントさんをもちろん知っていますが、正直その手の方々には興味がない子供でしたし、今もありません。

ただ、日本の芸能史において非常に優れたプロデュース人物だったことは存じておりますし、その部分につきましては尊敬しています。

が、世の中の仕組みには必ず裏と表があります。

それを前提に書きたいのですが、日本のメディアというのはどんなメディアでも「どこかがやると、それなら大丈夫だ、うちもうちも!」というヘタレメディアばかりです。
例えばイメージが良かったり、皇族のような方に不祥事等があった時も、最初は「心配です」等とどこも書くのに、しばらくすればその空気は一転、一気に叩く方向に全てが変わったりもします。

ジャニーさんの場合、今はお亡くなりになった直後ですのでプロデューサーとしての良いイメージの情報ばかり報道されますが、まあ1週間もしないうちにひっくり返ると思っています。

その内容はもちろん、児童に対する性的な行動のことです。

今までジャニーズを辞めた人等が暴露本を書いていますが、まあ闇に消えていきました。

私の知り合いのインタビュアーの方は、以前、別件でインタビューした際に、ジャニーさんが気分が良かったのかその方を気に入ったのか、「オフレコだけどね、最近は日本ってうるさいでしょ、児童○○に、だからさ、俺はタイとかフィリピンで買ってるんだよ。」

まあ、あえてここで何を買っているのかは書きません(ご想像ください)。

ただ、「趣味と実益を兼ねるって素敵だけれど誰かも傷つける」のだな、と分かりました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中