はあちゅう×児童虐待×自分が蒔いた種×人は全てで判断する×やめればいいだけ

これはあくまでも私個人の意見でございますが、例えば、好感度の高いタレントさんが今回のように、同じ子供の動画をネット上に掲載してもこのように「虐待」的に通報されることはないでしょう。
ではこの方の場合、どうしてこうなるのか?
それは簡単で、「自ら常にケンカを売るような言動をしているから」です。

幼少期のトラウマや会社時代での悔しさがあるのは分かります。でもね、それを飲み込んで他の力に変えて行動するのが本当に利口な人がすること。

こうやって「アンチ」と言って、自分自身が「アンチ」という存在を意識して、それを作り出してしまっている時点で自業自得の面が確実にあるんです。


逆に言えば、「それも計算できないくらいの人なのか?」ということ。
SEOやマーケティングをしているのだとしたら、これができていない時点で仕事のできない人と判断せざるを得ない。

費用対効果を自分の自己顕示欲(思い返してやりたい感)が超えてしまっている。
そして、その武器として子供を出してしまう時点でこういうことは「起こるべくして起きた」。

自分をインフルエンサーだとして価値を上げたいならば、もう若くないんだし(おじさん達はあっさりと他の若くて可愛い子に行きますよ)人間としてその自己顕示欲を押し殺して母親としていちいち外にアピールしないで、しっかりと子供第一で考える。
これが回り回って好感度のアップにつながります。

目先のチヤホヤなんて何の役にも立ちません……。
子供を掲載するのはまさかしないだろう、、と心の奥では思っていたのですが、がっかりです。
そのレベルだったとは……。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中