はあちゅうさん×アンチ×製造機×無限パターン×ステマ

好かれる人と嫌われる人の圧倒的な違いってなんだろう? って考えているのですが、私は平均点だと思っています。
例えば、野球の選手でも常にヒットやホームランを打てるわけではなく、三振も凡打もありますよね。
が、トータルで見て3割も打っていれば実は立派な選手。
それと同じで、メディアに何かしら出す際も、その全てがヒットでなくても良いですし、5賛同の1嫌われでもいいんです。
世間のタレントさんでも100パーセント全ての部分が好かれているなんて人はいませんし、逆に胡散臭い。

そう考えた時に、このはあちゅうさんという方は、自分でアンチを作り出し、そのアンチにまた攻撃を仕掛けてしまっている。
これは私の中では絶対のNG。

例えるなら、自分で捨ててはいけない場所にゴミを捨てておいて、そのゴミに収集車がなかなか来ないから怒っているようなもの。
そもそも出しちゃいけない場所に捨てたのは自分ですから……という。

このお方は単純に「自分の価値」の意味を間違えているように思うんです。
もちろん色々な企画などをされている方だと思いますが、そこに「自分可愛い」が出てきてしまっている。
田舎の歯医者とかの看板に、出たがりの院長が自分の写真を載せてしまう感じ。

このやり方は単純に「加齢」とともに効果を失います。
それに焦るとまた繰り返し、次第に超痛い人になっていき、気がつくと周りに誰もいなくなっている。
まず、自分が出ないといけないという時点でその企画やコンテンツは大したものじゃないんですよね……。
いきなりステーキ的なと言いますか……。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中