宮迫博之さん×テレビは無理な理由×大きな勘違い×大誤算×遠回り×利用されてる感

ユーチューバーになってはいけなかった。

まず、何をもってユーチューバーを指すのか? これは見る側の判断と本人がそう名乗るかのバランスだと思うのですが、宮迫さんの場合、詐欺商材を売っていた過去があるという、ある意味で反社会勢力との付き合いよりも「アウト」なヒカルという人間と最初に「組んだ」その時点で、テレビは終わっています。

あれだけテレビという媒体に出ていて、テレビのコンプライアンスの厳しさ、過去も辿られてしまうことを計算できていなかったのでしょうか……。

と考えていくと、つまりはテレビ時代も本人自身の面白さとか発想だったのではなく、放送作家やディレクターの企画に乗っていただけ、という感じもしてきてしまいます……。

テレビ業界に復帰したいのでしたら、焦ってユーチューブなんてやらなければよかったような気がしてしまいます。
そして、ユーチューブも「一生やっていきます」と、またよくわからない発言もされておりますが、そもそもユーチューブって別に国とかの大きな機関が絶対的に運営しているメディアではなく、普通に一会社がやっているサービスですので、ある日ポロっと普通になくなるでしょう。

なんだか一つ一つが大げさな感じがしてしまうんですよね……。一生とかを簡単に使う感じ。
それなのに大してテレビのコンプラとかを計算せずに、詐欺の連中と組んで利用されている感じ……。

芸人さんとして本当にやりたいことはなんなのだろう? って思ってしまいます。
目立ってキャーキャー言われてお金が入ればそれでいい、という方なのでしょうか?

なんだか残念です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中