うつ病×最上もがさん×売名×境界線×問題ない?

最上もがさんという方が鬱なのを世間に告白したら、「売名だ」とか「甘えるな」とかの中傷を受けて悩んでいらっしゃるのだそうです。
私、売名という部分にいつも思うことがあるのですが、タレントが売名して何がいけないのでしょうか?
むしろタレントって売名以外やることないです。突き詰めれば、歌を歌うことだって、演技だって、売名の一つ。
なので、売名と言われようとどうでも良いと思ってしまう。
問題はそこじゃなくて、もし本人がSNSでの中傷に悩んでいたりするのなら、
「そもそもやらなきゃ良い」だけのこと。

触らぬ神に祟りなし、ではないですが、
「触らぬSNSに誹謗中傷なし」
自分である程度そういったリアクションが来ることを計算できているはずで、逆にできていないならプロじゃない。
そしてその予想できるリアクションを受けてますます病んでしまうのならSNSなんてやらなきゃ良い。

鬱という病気はまだまだ解明されていない部分も多く、今は幼少期の何らかのトラウマ、愛情不足等が引き金になっていると言われていますよね。
そしてそこに芸能界という「嘘ばっかり」「嘘をつかないといけない」「人の評価が気になる」職業を重ねてしまうと露骨に鬱が出てきてしまう。
おそらくはこの方は過去の何らかの愛情不足からそこを埋めるための自己顕示欲が芽生えた。だから逆に今の状況を辞めたら辞めたで自己評価をされない、誰もしてくれなくなる恐怖に襲われてしまうという無限パターンに入っている。
だったら強くなるか、辞めるしかない。

私も理解できる部分があるので、応援しています!
が、最後は自分。誰かの評価なんて時間と共にみんな評価したことすら忘れてしまいます。
最後は自分。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中