【速報ニュース】広島県三次市の介護業者を提訴 「ヘルパーから感染」、82歳死亡

新型コロナウイルス感染症のため82歳で亡くなった三次市の女性の遺族の男性=広島市=が、広島県三次市の訪問介護事業所の運営会社に計4400万円の損害賠償を求めて広島地裁に提訴したことが1日、分かりました。担当ヘルパーが訪問を控えていれば母親の感染は防げたとし、運営会社の安全配慮義務違反や使用者責任を問うています。

【速報ニュース】広島県三次市の介護業者を提訴 「ヘルパーから感染」、82歳死亡” への1件のフィードバック

  1. 金額の妥当性と責任の所在が争われる模様
    あくまで個人的な意見ですが、自分が原告の立場なら、提訴はしないだろうなと思う。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中