フジテレビ×トレエン斎藤さんでんじろうさんもね×重症×全治3ヶ月×古い体質

韓国がらみ感がここ10年くらい前からあるのでフジテレビは私は今は苦手なのですが、そのフジテレビがまたもや番組制作内で事故を起こしました。

トレンディエンジェルの方が、でんじろうさんの企画した実験で体を張ってしていた際、思わぬ効果があり、空中にジャンプしてしまい落下して腰を強打したというものです。全治3ヶ月なのだと報道されています。

これね、フジテレビがどこの「制作会社」に作らせていたのかにもよりますし、正直、でんじろうさんにもかなり問題があると思う。今の時代、この手の番組の制作って、制作会社に丸投げ状態のことが多くあります。そして、制作会社もあまり予算がないので、演者、この場合は「でんじろう」さんを信頼しきっていて、スタッフのテストはおそらくしていない。

そして、でんじろうさんも世間には科学者的に売っているけれど、突き詰めれば普通にタレントとして仕事を受けている人気商売なわけで、ある程度目立たないといけない! パフォーマンスをしないと次の仕事がない! という意識もあって、その危険な実験の境界線を知らずに超えてしまっていた。

なんというか……。

そもそもね、タレントが危険なことをやって、その苦しそうなリアクションで笑わせるなんていうコンテンツなんて、別に作家とかディレクター、プロデューサーの才能も別にいらないんですよ。他の企画を出せないから、こうやって芸人さんとかの苦しいとか我慢とかに頼る。

こんなレベルの人たちが作っているフジテレビさん。もう終わっていますね。どれを見ても全部同じ。

企画じゃなくてタレント頼り。

Xdomain

フジテレビ×トレエン斎藤さんでんじろうさんもね×重症×全治3ヶ月×古い体質” への1件のフィードバック

  1. 他局ですが、俳優の佐野史郎さんもバラエティ番組で大怪我されていました。事故からまだ1年経っていません。今回番組に関わった人たちは、仕事を進めている時に、佐野さんの事が誰も頭によぎらなかったのでしょうか、よぎったとしても、言い出せないような空気なんでしょうか。
    バラエティでは、昔からこういう事故は少なくない。命がけで人気を取りに行ってるところはある。昔と違うのは、それだけ身を削ってやってる(加えて安全管理も杜撰な)仕事を視聴者は喜ばない、たとえ事故が無くても危なすぎて引く、そういう感覚に変わって来た。そもそもテレビ自体あまり見られなくなってしまった。視聴率10%行くかどうか、予算も無く今後の保証もロクに無い立場でこんな目に遭ってしまった報道を見ると、ただ芸人が可哀想としか思えない。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中