加藤紗里さん×破綻する×育児×キャラはメッキ×サイコパス

必死にキャラを作って炎上〜そして知名度を上げて小さい仕事を取る、そして、大きくなれば〜と非常に危ない橋を渡っている加藤紗里さんですが、私はもうこの方は崩壊すると思っています。

まず、子供に関してですが、愛情って本当に大事でして、じゃあ愛情って? となるかと思いますが、これは単純にスキンシップ、物理的な接触や会話。これは将来絶対に影響が出てきます。

が、これは断言してもいいですが、加藤紗里さん自身、おそらくは記憶があるかないかはわかりませんが、幼少の頃に同じように親からの愛情をあまり受けていない可能性が高いです。
もしくは、虐待にあっていた可能性。

例えば、サイコパスだったり、シリアルキラーなどと呼ばれる犯罪者は実に9割以上が、幼少の頃のトラウマを抱えて成長したという統計があります。

これ、冷静に考えてみると「当たり前」なんですよね。

子は親の背中を見て育つ。

逆に言えば、他の生き方ってないんですよね。
子供が学ぶのって目の前の大人からしかないのですから。

なので、親子のスキンシップをせずに、お金を使って誰かに任せるだけの育て方をしていると、加藤紗里さん2号のような子になるでしょう。

とは言え、それも自由。教育は自由。
虐待をしなければ。

でもね、私の感覚ですと、お金を使って誰かに任せっきりって、ある意味の育児放棄だと思うんですよね……。

私だったら、仕事をセーブしてでも子供との時間を作る。

だって単純に「そうしたくなるのが本能」だもん。

https://ameblo.jp/ogawamina/

エックスドメイン
 

1件のコメント

  1. 親から無償の愛情を注がれて育った子は最終的には間違いなくまともになる。親じゃなくても、教師でも保護司でもいい。無償の、というところが大事。
    自己肯定感が低いと、自分に自信も持てず、信頼できる他人を見分ける判断がつかない→一度でも他人に裏切られたりすると、世の中の全てを信用できなくなり否定的な目で見てしまう→世間との関わりが希薄になり孤独感が加速→心の歪みが増大
    匿名だから書いているが、これは自分にもあてはまる事で… 親の喜ぶ顔を見る為に、成績優秀ないい子を演じたような子供が総じて幸せになれないのは、こういう構造なんだと思う。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中