【速報ニュース】東京女子医大の麻酔医2人、2歳児死亡で在宅起訴へ…異変後も鎮静剤投与止めず

東京女子医大病院(東京都新宿区)で2014年2月、鎮静剤「プロポフォール」の投与を受けた男児(当時2歳)が死亡した事故で、東京地検は近く、同病院中央集中治療部(当時)の元副運営部長(61)と元研修医(39)の麻酔科医2人を業務上過失致死罪で在宅起訴する方針を固めました。地検は、この鎮静剤の長時間投与で男児に異変が生じたにもかかわらず、2人が投与を中止しなかったことなどが事故につながったとみています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中