【速報ニュース】森喜朗会長後任、課題は透明性 1週間以内に絞り込み

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会は、女性蔑視発言で辞任表明した森喜朗会長(83)の後任候補を1週間以内にも絞り込む方向で調整に入った。13日、大会関係者が明らかにしました。新型コロナウイルスの感染拡大で開催が危ぶまれる大会準備への影響を抑えるため選考を急ぎます。橋本聖子五輪担当相(56)らが候補に浮上しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中