【速報ニュース】18・19歳厳罰化、起訴後は実名報道可 少年法改正案を閣議決定

政府は19日の閣議で、今後民法上の成人となる18、19歳を18歳未満とは別の扱いとする「特定少年」と位置づけ、厳罰化する少年法改正案を決定しました。家庭裁判所が刑事処分相当と判断して検察官送致(逆送)する対象事件を拡大し、起訴後は成人同様に実名報道を認めます。適用年齢は「20歳未満」を維持しました。

【速報ニュース】18・19歳厳罰化、起訴後は実名報道可 少年法改正案を閣議決定” への1件のフィードバック

  1. 年齢で一律化するより、犯罪内容が成人並みの狡猾さや凶悪さがあれば、年齢関係なく相応の処罰で良いと思うが、そうしないのは裁判官も一々考えるのと責任を負うのが面倒なんだろう。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中