【速報ニュース】「日本人なら中国人の3分の1で済む」アニメ制作で進む”日中逆転”の深刻さ

日本のアニメスタジオが、中国企業の下請けになるケースが増えています。新聞記者の中藤玲さんは「中国の求人サイトによると、アニメーターの平均月収は杭州では3万4062元(約52万円)。一方、日本では月収17万5000円でも業界平均よりずっと高い。中国と日本の関係が逆転しつつある」といいます。

1件のコメント

  1. ドラマは韓国がかなり腕を上げたし
    中国は実際アニメを見ないと判断できないけど、記事の内容が本当なら、お家芸だった日本のアニメ産業まで国際競争から落ちて行く可能性は十分有る。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中