出川哲朗×マリエ×紳助×枕営業×事実ーそして

約15年前の出来事が今掘り起こされて、大きな問題に広がろうとしています。

マリエさんという方が、当時、島田紳助さんにいわゆる「枕営業」を求められ、そしてその時に出川哲朗さんもいて、「いいじゃん、やっちゃいなよ」的な発言をしたと。

うーん……。

これですね、なんだか今まで出川さん大好きとか好感度高とか言っていた人たちが一気に手のひら返しをしていますが、私はこの空気分かるし思ったことを書きます。

まず、大前提として、これがもし逆。つまり、男性が過去に女性の先輩にこのようなことを強要されそうになった、と発言したらどうなっていたか?

まあ、ほとんどが「男らしくねえな!」「今更そんなこと掘り出すなよ」「売れていないから嫉妬ですか?」となったでしょう。

が、散々男女差別があるとフェミの方が言っているのに、なぜかこういう時は確実に女性は有利でして、15年くらい前のことでもこうやって問題になって、擁護される。

これにまず違和感を感じないと平等じゃないですよ。

と、芸能界に対する世間のイメージマスクをまずは取り払って考える必要があります。

例えば、皆様が学生の時の飲み会とかを思い出してください。

S君という子がいたとして、S君が好意を持っているMちゃんもその席にいたとします。

そしてお酒が入ってきて、S君がMちゃんにこう言いました、「あのさ、好きなんだけど、この後ホテルとかどうかな」みたいなノリで。

すると、周囲も「いいじゃん、行っちゃいなよ〜」笑 的になることってありますよね。

この雰囲気だったと思うんです。

が、芸能界という一般のイメージって、なんかすごい深刻というか重い感じで「付き合わないと干すで」みたいな空気だと「思い込む」。

マリエさんという方が何をやっていらっしゃるのか知りませんが、言葉って一人歩きさせることができるし、同じ言葉、それが一字一句同じでも、言い方次第で意味が全く変わってくる。

例えば、「アホか、死ねや」って言ったとしても、これって今までの当人同士の関係性で笑って冗談の場合もある。けれど、こうして文字にしてしまうとイメージが全く変わってきますよね。

なので、「ズルい」使い方もできてしまう。

そして私が違和感だったのは、マリエさんという方が、出川さんがCMとかに出ているのが許せないという発言なんです。

これ、関係ありますか? その当時の言葉に怒っているのだったら、その今の仕事とかは関係なく、その言葉に怒るはず。

つまり、今自分がタレントとして成功していないことへの嫉妬だと思われても仕方ない。いわゆる「売名」だと言われても仕方ない。(ちなみに、私はタレントは売名はいくらでもすればいいと思っている派です)

なんか違和感なんですよね。

この件は様子を見て、また追っていきます。

お名前.com

https://ameblo.jp/ogawamina/

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中