【速報ニュース】五輪観客の「リモート救護」検討…医師1人が複数の救護所担当、映像で容体確認

東京五輪・パラリンピックで、東京都などが観客らを対象にした「リモート救護」の導入を検討していることがわかりました。救護所を訪れた急病人の様子を映像などで確認し、看護師に応急処置や救急搬送を指示します。医師1人が複数の救護所を担当し、医療の負担軽減を図るのが狙いです。

メタボ対策!燃焼系ボディコース体験【エルセーヌMEN】

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中