【速報ニュース】「正面から憲法判断を」=15年判決「違憲」の元判事―夫婦別姓で23日最高裁決定

夫婦が同一の姓を称するよう定めた民法と戸籍法の規定は違憲として、事実婚夫婦が別姓婚を求めた家事審判の最高裁決定が23日に出されます。民法の規定を「合憲」とした2015年大法廷判決で、「違憲」とする意見を述べた元判事の桜井龍子氏(74)が時事通信の取材に応じ、「前回のように議論を国会に投げず、正面から憲法判断すべきだ」と語りました。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中