【速報ニュース】原子力の目標比率、20~22%で据え置き 新エネルギー基本計画の素案 再生エネは36~38%に引き上げ


経済産業省は21日、新たな「エネルギー基本計画」の素案を示した。温暖化ガスの排出量を2030年度に、13年度比で46%削減するとの国際公約を踏まえ、再生可能エネルギーの30年度の発電比率目標を36~38%と現在の実績のおよそ倍にしました。原子力は現行目標の20~22%を維持し、あわせて6割を脱炭素電源で賄う計画です。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中