【速報ニュース】不妊治療の「人工授精」保険適用へ…来年度から、上限回数など検討

エックスサーバー

政府は、不妊治療の公的医療保険の適用範囲に「人工授精」を含める方針を固めました。治療費が高額な体外受精などを対象とする方向で既に議論が進んでいるが、より広く行われている人工授精についても、2022年度からの適用を目指します。関連学会の指針などを参考に、治療回数の上限などを検討します。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中