【速報ニュース】旧優生保護法、違憲判断4例目 神戸地裁判決、賠償請求は棄却

ライトプラン 詳細はこちら

旧優生保護法の下で不妊手術を強いられたのは違憲だとして、兵庫県内の聴覚障害者ら5人が国に計5500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で神戸地裁(小池明善裁判長)は3日、旧法は違憲と判断。同種訴訟での違憲判断は4例目。国会議員が96年の法改正まで旧法の優生条項を改廃しなかったことは立法不作為で違法との初判断を示しました。

エルセーヌMEN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中