【速報ニュース】最大30万円の支援金支給、なぜ低調 国想定の約1割


新型コロナウイルスの影響で減収した世帯への支援策として、政府が7月から支給を始めた「生活困窮者自立支援金」が出だしから低調です。1世帯最大30万円を受け取れるが、7月末時点の支給決定件数は国の想定の約1割にとどまります。支給事務を担う自治体からは「支給要件が厳しすぎる」といった声が出ています。

お名前.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中