ひろゆきさん×DaiGoさん×擁護するのは×同族嫌悪の裏返し

お名前.com

これは私の感覚ですが、ひろゆきさんはもう自分の中で「限界点」「矛盾」を感じはじめているような気がするんです。

が、食べていくためにはそのメディアが求めるリップサービスのような発言をしなくてはいけない。なので矛盾が出てくる。

例えば、DaiGoさんを擁護するような発言をしていますが、これも、求められれば非難する側にあっさりと回るでしょう……。

自分の個性的な発言をしているように見えて、実はものすごい普通の「40%くらいのあるある」を言っているだけ。もちろん、このあるあるのバランスが60パーセントの人を刺激して話題になるようになっているのですが、それでも40%を続けていると次第に無理が出てきます。

DaiGoさんを擁護する感じで「努力してきた人」とお話していますが、人間みんな努力はしていますよ……。そして、努力って自分が一番よく知っています。例えば、努力をしても目標の受験に受からなければ、結果的にそれは「努力」とは言えなかったとなるかもしれません。つまり、自分たちが「結果重視」の商売を普段しておいて、こういうことが起きると「努力しているから」というのは正直虫が良すぎる。

そんな発言をするようになってきたひろゆきさん。

自然体を装っていますが、もう正直理論に限界がきていて、メディアが一気に離れていくような気配を私は感じてしまう。

たくさん働くのは素敵なことですが、自分の中に矛盾を感じてまでやる必要があるのか……。借金でもあるのかしら……。

借金ダイエット: みるみる100万円完済できました (なないろ出版)

新品価格
¥390から
(2021/8/30 13:30時点)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中