【速報ニュース】東電、対テロ不備「意識低く」 柏崎刈羽原発、社長ら処分

ハイスピードプランの詳細はこちら

東京電力は22日、柏崎刈羽原発(新潟県)でテロ対策などの核物質防護に不備があった問題で、「原子力部門全体で核物質防護への意識の低さがあった」とする報告書を原子力規制委員会に提出しました。福島第1原発事故後の経営状況を踏まえ、防護設備を更新せずに使い続けたことが背景にあるとしています。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中