宮迫博之さん×もう末期×家族の切り売り×そして内容×自分が一番分かっている

ムームードメイン

こうやって書くことがすでに彼の宣伝にも繋がってしまう(私レベルの記事なんて数万人ですが……)のを承知の上で書きます。

私が思うのは、宮迫さんが面白いというのは過去のテレビの彼を引きずって、それを頭の中ですり合わせてみている人に多いと感じます。

でも考えてみると、過去のそれらのキャラクターって別に本人が企画したのではなく、ディレクターさんだったり放送作家さんが作ったものですよね。

例えば、炎上したCM等に、出演した〇〇ちゃんは悪くない!あくまでも出演だから。と言われますが、逆に言えば、それだったら面白くて演出した人たちの方がすごいということになります。

そしてそれが分かったのは、今回のような「離婚ドッキリの仕込み芸」のようなものです。このレベルなんですよ……結局。そしてやっていることがいかに失礼なことかも計算できない。さらにこれに裏の作家がいるとしても、それに疑問も覚えない。

この手の身内、しかも離婚とかのメンタルの問題を使ってしまう時点で私はもうネタ切れで相当危ないんだなと思ってしまいます。

ここで一つ予言しておきますが、近いうちに

「家族が増えました!」

とか書いて、子猫を保護したとかやるでしょう……。

今やるべきことってそこじゃないんですよね……この方。

裏に情報商材があるのが徐々に一般の方にも見えてきました。

映画パンフレット岸和田少年愚連隊 井筒和幸・監督 矢部浩之 岡村隆史 宮迫博之 秋野暢子 平成8年初版

中古価格
¥350から
(2021/9/27 23:54時点)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中