【速報ニュース】「核開発の父」カーン博士死去、85歳=北朝鮮、イランに技術拡散―パキスタン


パキスタン国営放送は10日、パキスタンで「核開発の父」と呼ばれたアブドルカディル・カーン博士が同日死去したと報じた。85歳だった。カーン氏は、パキスタンの核兵器開発をけん引し、1998年にイスラム圏初の核兵器保有を実現させた。さらに、関係技術を北朝鮮やイラン、リビアなどに提供する核拡散ネットワーク「核の闇市場」を構築し、現在も世界を揺るがしている北朝鮮やイランの核問題の元凶となった。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中