【速報ニュース】遺族「憤り、受け入れがたい」 軽井沢スキーバス事故 運行会社社長ら無罪主張 大学生ら15人が犠牲


5年前、大学生ら15人が犠牲となった長野県軽井沢町のスキーバス事故。業務上過失致死傷の罪に問われているバス会社の社長らの初公判が長野地方裁判所で開かれ、被告は「事故を起こすような運転をするとは思わなかった」などと述べ、無罪を主張しました。一方、初公判を終え、遺族は「憤りを感じ、受け入れがたい。なぜ、組織として防ぐことができなかったのか、裁判の中で納得のできる説明をしてほしい」と述べました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中