【速報ニュース】「僕らは一生悲しみを抱えて生きる」 京アニ放火、遺族が講演

ムームードメイン

「優しい人が増えて、事件が起こらないような社会になってほしい」。2019年7月の京都アニメーション放火殺人事件で犠牲になった36人の1人、渡辺美希子さん(当時35歳)の遺族が29日、滋賀県警本部(大津市)で講演した。「想(おも)いと願い」と題し、事件から2年を経てもなお癒えぬ悲しみや、再発防止への思いを語った。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中