【速報ニュース】みずほ会長の進退検討 金融庁「経営責任は重大」

エコノミープラン 詳細はこちら

みずほ銀行でシステム障害が相次いだことを受け、親会社みずほフィナンシャルグループ(FG)が佐藤康博会長の進退を検討していることが19日、分かった。来春退任する方向だったが、障害頻発の責任を問う辞任とするかどうかを議論する見通し。みずほFGの坂井辰史社長とみずほ銀の藤原弘治頭取は年内にも引責辞任を表明する見通しで、3首脳の辞任に発展する可能性が出てきた。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中