【速報ニュース】精子提供で出産“学歴など偽られ”男性提訴


SNSで知り合った男性から精子提供を受け出産した30代の女性が、男性が国籍や学歴を偽っていたなどとして、損害賠償を求め、訴えを起こしました。

訴状などによりますと、都内の30代の会社経営者の女性は、夫との間に第1子をもうけた後、夫に遺伝性の難病の疑いが判明したことなどから、SNSで知り合った20代の男性から性交渉による精子提供を受け、第2子を出産しました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中