【速報ニュース】東名あおり死亡事故 被告に懲役18年 横浜地裁差し戻し審判決

神奈川県大井町の東名高速道路で2017年、あおり運転で一家4人が乗ったワゴン車を停車させ、後続車の追突で死傷させたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などに問われた石橋和歩(かずほ)被告(30)の差し戻し審で、横浜地裁の裁判員裁判は6日、求刑通り懲役18年の判決を言い渡した。青沼潔裁判長は「被告の妨害運転と、被害者の死傷に因果関係が認められる」と述べ、差し戻し前の1審と2審に続き危険運転致死傷罪の成立を認めた。弁護人は控訴する方針。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中