【速報ニュース】日航機墜落事故から37年 御巣鷹の尾根で鎮魂の灯籠流し

乗客乗員520人が亡くなった1985年の日航ジャンボ機墜落事故から12日で37年を迎える。遺族らでつくる「8・12連絡会」は11日夕、群馬県上野村の墜落現場「御巣鷹(おすたか)の尾根」(標高1565メートル)のふもとを流れる神流(かんな)川の河原で、LED電灯をともした200個の灯籠(とうろう)を並べて、一部を川に流した。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中