【速報ニュース】5歳児餓死 ママ友・赤堀被告に懲役15年判決 「生活全般を実質的に支配」 福岡地裁

2020年に福岡県篠栗町で当時5歳の男の子が十分な食事を与えられずに餓死した事件をめぐり、男の子の母親の“ママ友”で、保護責任者遺棄致死罪などに問われている赤堀恵美子(あかほり・えみこ)被告(49)に対し、福岡地裁は21日、検察側の求刑通り懲役15年の判決を言い渡しました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中