【速報ニュース】ヤクルト・内川聖一&嶋基宏が引退 連覇から2日…通算2185安打のヒットマンとノムラの考え受け継いだ名捕手がユニホーム脱ぎ新たな一歩

ヤクルト・内川聖一内野手(40)、嶋基宏捕手兼任コーチ補佐(37)が今季限りでの現役引退を決意したことが27日、分かった。今季22年目の内川は通算2185安打を誇り、横浜(現DeNA)時代の2008年には右打者最高打率の・378を記録した。プロ16年目の嶋は楽天時代の2013年に正捕手として日本一に貢献。20年にヤクルトに移籍し、今季から選手兼任コーチ補佐を務め、豊富な経験でリーグ連覇を支えていた。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中