【速報ニュース】外国人差別発言でプロデューサーを解任 大道芸W杯、会見で謝罪

静岡市の秋の名物、大道芸ワールドカップ(W杯)の実行委員会は7日、スタッフ向け講習会で外国人差別と受け取れる発言をしたなどとして、プロデューサーの奥野晃士(あきひと)氏(53)を解任した。また杉山茂之実行委員長が同日付で引責辞任した。実行委は、11月4~6日に予定通りW杯を開くかどうか、10月中旬には最終判断するとしている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中