【速報ニュース】円急落、24年ぶり146円台 9月の介入前水準を下回る

12日午前の東京外国為替市場の円相場は対ドルで急落し、一時、1998年8月以来、約24年ぶりに1ドル=146円台を付けた。米国が大幅な利上げを続けるとの観測から、円売りドル買いが加速した。政府・日銀が円買いドル売り介入を実施した9月22日の最安値の1ドル=145円90銭よりも円安が進んだ。市場では再介入への警戒感が強まっている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中