【速報ニュース】運行会社社長に禁錮5年求刑=検察「利益追求の人災」―軽井沢バス事故・長野地裁

長野県軽井沢町で2016年1月、大学生ら15人が死亡し、26人が負傷したスキーバス転落事故で、業務上過失致死傷罪に問われた運行会社「イーエスピー」(東京)の社長高橋美作(61)、運行管理者だった元社員荒井強(54)両被告の公判が11日、長野地裁(大野洋裁判長)であった。検察側は「利益追求を優先し、安全の確保をおろそかにした人災だ」として、2人に禁錮5年を求刑した。両被告は無罪を主張している。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中