【速報ニュース】次男の「指導死」から18年「社会構造変えないと…」母、提言続け

長崎市立中2年だった次男が担任からの不適切な指導中に命を絶った安達和美さん(61)=同市=が、次男の死から18年の経験をつづった「学校で命を落とすということ」を18日出版した。「指導が原因で子供が死ぬ」。重い事実を社会が受け止め、学校が安全な場所に変わるまで、安達さんは「声を上げ続けていきたい」と話す。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中