【速報ニュース】新発田市女性殺害事件 判決の主文後回し 喜納尚吾被告に最も重い刑か(求刑:死刑)

2014年、新潟県新発田市で当時20歳の女性を殺害した罪に問われている喜納尚吾被告(39)の判決公判が18日、新潟地裁で開かれ、判決は主文後回しとなりました。最も重い刑となることが予想されます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中