【速報ニュース】なぜ長友はコスタリカ戦の敗戦で起きた伊藤ら若手へのバッシングの”壁”になることを宣言したのか…「すべての批判を受ける覚悟」

FIFAワールドカップ・カタール大会のグループE第2戦で、コスタリカ代表に痛恨の黒星を喫した日本代表が一夜明けた28日、ドーハ市内の練習拠点で12月1日(日本時間2日未明)のスペイン代表とのグループステージ最終戦へ向けて始動した。初戦で強豪ドイツ代表を撃破し、期待が膨らんでいたなかでの敗戦に、日本国内ではDF伊藤洋輝(23、シュツットガルト)らの若手に批判が殺到。こうした状況にベテランのDF長友佑都(36、FC東京)は「一番批判を受けるべきは僕」と発言した。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中