【速報ニュース】イノシシがマダニを運ぶ? 深刻な感染症媒介の恐れ 栃木で被害増

栃木県足利市内で増えている「マダニ刺咬症」の多くが「タカサゴキララマダニ」によるもので、野生のイノシシによって人家周辺に運ばれている可能性が高いことが足利赤十字病院の内科非常勤医師、島田瑞穂さん(55)らの調査で分かった。マダニは深刻な感染症を媒介することもあり、同病院はかまれた場合、医療機関の受診を呼び掛けている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中