【速報ニュース】旧優生保護法の強制不妊訴訟、国に2200万円の賠償命令…地裁で初の原告勝訴

旧優生保護法に基づく不妊手術を強制されたなどとして、熊本県の男女が国に計6600万円の損害賠償を求めた訴訟で、熊本地裁(中辻雄一朗裁判長)は23日、国に計2200万円の賠償を命じる判決を言い渡した。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中