ヒカル×商材売り×詐欺×火消しなんて表の顔×利用される人たち

先日ヤフーニュースで拝見したのですが、ヒカルという人が何か不祥事を起こした芸能人の「火消し人」のようになっているということでした。
おいおい……。って思います。


この人は「そう見せているだけ」「芸能人を利用しているだけ」です。

が、ユーチューバーを見ている層の人って子供だったり、あまり深く調べないで「かっこいい!」とか言い出すちょっと足りない人が多いのでそう洗脳されているだけ。

この人の裏の顔は「詐欺のような商材売り」ですよ。
ネットで調べてみてください。まあ、闇の繋がりがいくらでも出てきますので。
仮病を使って騙している、パ○ダ渡辺とかと組んでいます。

でね、芸能人の方々、例えばフリーになるとこの人が、数字とかを武器にすり寄ってくるかと思いますが、目先の数字にだまされないでください。反社会的勢力との付き合いどころではありません。後でとんでもない事になります。

そもそも、何かやらかして事務所を辞めたり孤立した芸能人さん、結局ユーチューブをやるにしても、こういった人間の力を借りないといけない時点で結局は個人でのエンタテインメントの才能がなかったということ。
それだったら、一から世間に認められるように1人で焦らずに頑張ればいい。

甘い話には裏がある。

この人は芸能人の火消し人どころか、アリジゴクのような人だと確信しています。

宮迫博之さん×テレビは無理な理由×大きな勘違い×大誤算×遠回り×利用されてる感

ユーチューバーになってはいけなかった。

まず、何をもってユーチューバーを指すのか? これは見る側の判断と本人がそう名乗るかのバランスだと思うのですが、宮迫さんの場合、詐欺商材を売っていた過去があるという、ある意味で反社会勢力との付き合いよりも「アウト」なヒカルという人間と最初に「組んだ」その時点で、テレビは終わっています。

あれだけテレビという媒体に出ていて、テレビのコンプライアンスの厳しさ、過去も辿られてしまうことを計算できていなかったのでしょうか……。

と考えていくと、つまりはテレビ時代も本人自身の面白さとか発想だったのではなく、放送作家やディレクターの企画に乗っていただけ、という感じもしてきてしまいます……。

テレビ業界に復帰したいのでしたら、焦ってユーチューブなんてやらなければよかったような気がしてしまいます。
そして、ユーチューブも「一生やっていきます」と、またよくわからない発言もされておりますが、そもそもユーチューブって別に国とかの大きな機関が絶対的に運営しているメディアではなく、普通に一会社がやっているサービスですので、ある日ポロっと普通になくなるでしょう。

なんだか一つ一つが大げさな感じがしてしまうんですよね……。一生とかを簡単に使う感じ。
それなのに大してテレビのコンプラとかを計算せずに、詐欺の連中と組んで利用されている感じ……。

芸人さんとして本当にやりたいことはなんなのだろう? って思ってしまいます。
目立ってキャーキャー言われてお金が入ればそれでいい、という方なのでしょうか?

なんだか残念です。

はあちゅうさん×アンチ×製造機×無限パターン×ステマ

好かれる人と嫌われる人の圧倒的な違いってなんだろう? って考えているのですが、私は平均点だと思っています。
例えば、野球の選手でも常にヒットやホームランを打てるわけではなく、三振も凡打もありますよね。
が、トータルで見て3割も打っていれば実は立派な選手。
それと同じで、メディアに何かしら出す際も、その全てがヒットでなくても良いですし、5賛同の1嫌われでもいいんです。
世間のタレントさんでも100パーセント全ての部分が好かれているなんて人はいませんし、逆に胡散臭い。

そう考えた時に、このはあちゅうさんという方は、自分でアンチを作り出し、そのアンチにまた攻撃を仕掛けてしまっている。
これは私の中では絶対のNG。

例えるなら、自分で捨ててはいけない場所にゴミを捨てておいて、そのゴミに収集車がなかなか来ないから怒っているようなもの。
そもそも出しちゃいけない場所に捨てたのは自分ですから……という。

このお方は単純に「自分の価値」の意味を間違えているように思うんです。
もちろん色々な企画などをされている方だと思いますが、そこに「自分可愛い」が出てきてしまっている。
田舎の歯医者とかの看板に、出たがりの院長が自分の写真を載せてしまう感じ。

このやり方は単純に「加齢」とともに効果を失います。
それに焦るとまた繰り返し、次第に超痛い人になっていき、気がつくと周りに誰もいなくなっている。
まず、自分が出ないといけないという時点でその企画やコンテンツは大したものじゃないんですよね……。
いきなりステーキ的なと言いますか……。