ユーチューバー×クジラックス漫画フィッシャーズ×数多くの女性と×どうせ謝罪復帰×一度甘い汁を

正直、一度も見たことがないのですが、フィッシャーズというグループのメンバーが、数々の女性と関係を持って、おそらくはその中の一人がヤキモチを妬くとかで表沙汰にして、次々に女好きの正体がバレ、それまで好青年的に思わせていた部分が崩れて、引退〜と表明したのだと思います。が、この手の人は絶対に辞めません。これは確実に。

こういう商売で一度甘い汁を吸った人はその樹木から離れない、カナブンのようになる。

ちょっとエロ漫画?なのですが、クジラックスという方の作品の中に、「歌い手のバラッド」という作品があります。
この作品では、今は減りましたが、いわゆる「素人のイケボとかいうしょうもない連中が素人相手にエンタメの真似事をしている」のが描かれていまして、まあ、こういう素人の人たちはとにかく「下積み」がないので、勘違いしやすく、権力に騙されやすいんです。

で、その中間で、自分たちが本当にモテるとか勘違いして天狗になる。

その後、結局はとんでもないしっぺ返しを食うわけです。

ここが本当のタレントさんと下積みも教育もされていない素人ユーチューバー(歌い手)とかの圧倒的な差。

そして、やっぱり世間を「ちょろい」と思っているので、結局はまたユーチューブ上で謝罪して、あっさり帰ってくる。
で、その手の人たちのファンもちょっと足りないメンヘラみたいのが多いから、正体はただのその辺の兄ちゃんなのに、勘違いしてキャーキャーなる。(まあすぐ冷めて次に行くのですけどね……)

エックスドメイン


こういう連中のファンに言いたいのは、「普通の人で、SEOを使ってあるあるを演じているだけですよ。1から何かを生み出す才能なんてないです」とだけ知ってほしい。

もちろん好きで見るのは素敵なことだと思う。けれど、実際に会ったりすると、結局は性的に迫ってくるわけで、この時点で普通のプロ意識がない人だってわかりますよね……?

先をしっかりと計算して自分たちの仲間、会社のことを考えているプロのタレントはこんなことしませんから。

ABEMAの公式サイトはこちらから

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中