【速報ニュース】公選法違反に問われた維新・前川議員に罰金30万円 奈良地裁判決

2021年10月の衆院選で公示前に自身への投票を呼び掛ける文書を不特定多数の有権者に送ったとして、公職選挙法違反(事前運動、法定外文書頒布)の罪に問われた日本維新の会の衆院議員、前川清成被告(60)=比例近畿=に対し、奈良地裁(澤田正彦裁判長)は18日、求刑通り罰金30万円を言い渡した。澤田裁判長は「選挙制度の公正を害し悪質」と前川議員の行為を批判した。前川議員は議員辞職せず、判決を不服として控訴する方針。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中