最強✖️クズ✖️見たことない✖️29歳✖️ありえない

野田孝史容疑者(29)は去年7月、白浜町の海水浴場で妻の志帆さん(当時28)をシュノーケリング中に溺れたと見せかけて殺害した疑いで逮捕されました。

と、このニュース報道だけを読んでもありえないクズを超えたクズなのですが、これをもう少し調べていくとこの、野田孝史容疑者はありえないクズ中のクズだということがわかってきました。

まず、大前提として、まだ本人は自供もしていませんので、このニュースが真実であるという前提で書かせていただきますのでご了承くださいませ。

この野田容疑者ですが、まず学生時代からお付き合いしていて、そして結婚した奥様と一緒にダイビングにいったのだそうです。

そしてそのダイビング中に、奥様を溺死させ(普通に殺人です)ました。

そして、驚いたことに、奥様以外に付き合っていた(つまりは不倫)女性との間に子供ができていて、その女性にはもう少ししたら奥さんと離婚すると言っていたのだそうです。

はぁ…。書いてて本当にイライラする。

つまりは、これは明確になっていませんが、奥様に保険金がかかっていて、そして不倫相手の女性と一緒になるために奥様を殺したということになります。

いや、マジで、こいつ! と文章なのに声を荒げてしまいたくなるのですが、この奥様の気持ちになるともう本当に涙がでてくる。

きっと奥様は一緒に海にダイビングに行ける!うれしい! って一緒にデートをしていたんだと思います。

しかしこの野田ってやつの中にはどうやって奥様を溺死に見せかけて殺そうかという考えがあったわけです。

マジでこいつ…。

まだわかりませんが、この不倫相手の女性はこのことを知っていたのか? というのが非常に気になります。

もし知っていて、どうにかして奥様にいなくなってもらって、お金も…だったらまとめて海に救命胴衣なしで突き落としてやりたいって思ってしまう。

それじゃあ済まないよね…。奥様の親御さんの気持ち。

きっとずっと付き合ってきて結婚して幸せでよかった、と思っていたはずです。それなのに。


比べるのはおかしいですが、これほどのクズ中のクズを見てしまうと、タレントの不倫でどうこうなんてどうでもよく見えてしまう。

比べるものではありませんが…。

浜崎あゆみさん×不思議×私にはわからない×かまって×歌

私自身はそれほどハマっていなかったのですが、世間でいうところの「あゆ世代」です。

学校では浜崎あゆみさんの話題でもちきりでしたし、周りの子はみんな聞いていました。

そう、歌を聴いていたんです。

ここが非常に重要なポイントでして、今の浜崎さん、インスタで部屋を公開したり、メイクを公開したり、髪型を公開してちょっと批判をされてすぐに削除したりと、なんだかちょっと違うな…と個人的に思ってしまう。

もちろん大スターですので、そういったSNSでのファンサービスも非常に大事だとは思います。

でも、これは個人的な意見ですが、ファンはもっともっと浜崎さんの「歌」を聞きたいんだと思うんです。

「見たい」のではなく「聴きたい」。

そして音楽というのは自動的にできるものではなく、作詞も作曲も自分でしなくてはいけません。

つまりは、そういうインスタとかにかけている時間があったら歌詞を書くとかメロディーを編曲家に渡すとかあるような「気がしてしまう」んですよね…。

表現は難しいのですが、なんだか引きこもりの綺麗なおばさんに見えてしまう。

アーティストというのは表現者です。

それは音楽だろうと絵描きであろうと、映画監督でも同じです。

そして浜崎さんは音楽で一度は頂点を極めた方です。

私のような凡人にはわからない世界があるのかもしれませんが、

なんかズレているといいますか、焦りとか嫉妬を目の前の「いいね」で満たそうとしているように見えてしまう。

こう書くとファンの方は、お前になにがわかるんだ! と来ると思うのですが、

逆にいうと、一歩引いて見ているからこそわかることもあるんです。

例えば宗教でも自分たちは地球の使者であって、ここにいれば永遠に平和なのだ! と思っている。

でも、第三者の目から観るとすごいやばい団体だったりする。

それを両方の視点で見ることが大事なような気がします。

いしだ壱成さん✖️24歳差✖️裏事情✖️聞いた話✖️避妊しない

先日、俳優のいしだ壱成さんが、なんと24歳年下の女性と結婚し、そして妊娠数ヶ月であることも発表されました。

とってもおめでたいことでございます!


が、ここからはあくまでも私の知り合いのこの業界のプロデューサーなどをやっている方から割とリアルといいますか、真実のお話をお聞きしたので、あくまでもお聞きした内容ということで、私はジャーナリズムにのっとって書きたいと思います。

まず、そのプロデューサーの方は、今回のお相手の女性と数回過去にお食事に行ったことがあるそうでして、

そしてそのお話ですと、売れるためには! という良い意味でプロ意識が強い子だったそうです。

そしてそのお相手の方の親御さんは日本の方ではなく、中国系の方なのだそうです。

もちろんだから良い悪いではないのですが、なんとなく、なんとなくですよ、ちょっとだけ、本当にちょっとだけ政略結婚的な「要素」を感じてしまう部分は避けられません。

と、他にも実は色々お聞きしているのですが、おめでたい席でもございますのでこの感じの内容はここまでに。

そして「年齢差」のお話になるのですが、

これは正直、24歳というのは非常に大きい…。

例えば、これが50歳と74歳だとそうでもない、って書こうとしたのですが、やっぱりすごいな…。

だって、お相手の女性が35歳の時に石田さんは59歳…。

う〜ん、もちろんこれは愛し合っていれば年齢なんて関係ない! って思うかもしれませんし、もちろんそんなレベルは超えて、話し合っている結果だとは思うのですが、

19歳の若さで人生を決めてしまうって、ちょっと人生としてどうなんだろう? って思う。

しかも、女優の卵だとしたら、もうその女優生命はある意味で終わったといっても間違いないと思います。

と、考えると、やっぱり先ほどの話に戻ってしまうのですが、

中国の家系という部分で、親御さんも含めての政略〜的な空気も否めないんですよね…。

とはいえとはいえ、最後は自分達の気持ちであって、愛していればそれでいいんです。

でも最後に。

石田さん、大人なんだからさ、避妊くらいはちゃんと考えないとダメですよ。

すごいかっこ悪いしだらしない。

仕事もすべて失うレベルのカッコ悪さです。