嵐さん×AKBグループ×違い×金儲け×潔さ

嵐さんが2020年の末をもって「グループでの活動を一時休止」するという報告をされました。

私はオタというほどでもありませんし、正直知らない曲や活動内容も多くありますが、物心ついた時からずっと活躍されていて、素敵なグループだなと思っていました。気がつけば歌を口ずさんでいたりしてね。

ここから、あえていつもの「私らしい」発言に徐々になってくるのですが、もちろん比べるレベルでもないかもしれませんが、AKBグループと嵐さんを比べてみましょう。

まず、決定的に違うのが、各個人のエンタテインメント度のレベルの違い。

AKB系列グループはご存知の通り、グループから脱退すると「え? そういえばどこ行った?」ってなることがほとんどです。

が、スマップさんや嵐さんの場合、元々の存在感や努力が圧倒的に違うので、グループというのはあくまでも「枠」であって、個人でも確実にその後やっていけるんですよね。

ではどうしてこうなるのか?

決定的なのは「やっているか、やらされているか」。

嵐さんの場合、本当にみんなが生き生きしてるんです。

が、AKB系列グループって、裏にいる大人の金儲けの戦略が見えすぎてしまって気持ち悪い。オタをいかにして食ってやるか? がメンバーの前に滲み出てしまっている。

これが本当に不思議。

自分たちがまずは好きなことをやって、そのために努力して、結果的にお金や名声を得ているのが嵐さん。
お金をどうやったら儲けることができるかを計算して、それを演じているのがAKBグループ。

しかもAKBグループは個人のスキルが低いからその分を埋めるために宣伝、営業にお金をかける必要が多く、だからこそ、運営に優秀な人材が少なく、脱法ハーブを吸ったり、暴力事件を結果として起こさせてしまう。

いやー、嵐さんの英断は本当にカッコいい。

一緒にAKBも解散した方が、逆にその後の個人の活動が盛り上がるような、そこにおんぶした方が良いような、それほど素敵な休止宣言でした。

成人式×関係ないアイドル(元)×写真を掲載×熊田×過去

なんだかなぁ……。と思ってしまうことがあります(した)。

今年も新成人の方々が素敵な晴れ着姿をSNS等にアップしてお互いに交流をしているのですが、熊田曜子さん等、もう良い年の人が自分の過去の成人式の写真を同じくSNSにアップしているんですね。それも、その成人式の時期に合わせて。

何だろう、この違和感というか気持ち悪さというか、黒い自己顕示欲というか、過去の自分にすがっている感じというか……。

表現できない、でも確実に気持ち悪い感じ。

もちろん過去は過去だと思うのですが、熊田さんって例のペニーオークションに加担していたことを、それが世間的に風化したような時にさらっとまた出てきて、平気な顔でそれには一切触れずに芸能活動をする。

その裏では、ペニオクの件を1人で背負って芸能生活がめちゃくちゃになって復帰できない人もいるのに……。

これは個人の感覚で、全て私の価値観というかアンテナのようなものなのですが、いろいろなアイドルやグラドルを見ていると、「黒さ」がちょっとしたことや、見た目で分かるようになるんです。

その私のアンテナ的に、熊田さんって相当黒い。

それを世渡り上手という考え方もありますが、やはり過去に自分がやったことを風化するまで待って、それで出てきてそれには一切触れないってちょっと私には考えられない。

そして、自分の自己顕示欲を抑えられないから、全然関係ないのに成人式に自分の過去の写真をアップして、一般の方々に可愛いとか綺麗って言ってほしくってたまらない感が出ちゃっているのがすごい痛々しい。

でも芸能界ってそんなものなのかもしれませんね……。

ただ、世の中には「因果応報」という言葉もあり、私はこの言葉をかなり信じています。

おがわんサロンVSはあちゅうサロン×結婚の大事さ×嘘は言わない×開始

AV男優をメインの職業とする、しみけんさんと事実婚をした「はあちゅう」という方がオンラインのサロン(つまりはコンサル)をしておりますが、何やらその内部の現状では、セクハラを隠蔽したりとなかなか混沌としているようです。

はあちゅうさんのものは、起業などに関する考え方ややり方を教えるのがメインというものらしいですが、私は基本的に起業を教えてお金を取るということに矛盾を感じるんですね。

だってさ、自分が大して稼げていないのに人に教えるなんてできますか? 

ライバルをわざわざ増やすなんてできますか?

例えば、演技を指導する専門学校の先生がいるとします。しかし、全てではありませんが、その人は芸能界で売れていれば先生なんてしていないはずですよね。それと同じ。

ですので私は、起業云々ではなくて、人との繋がり、そしてどうやればどんな人でも自分を最大限に活かして異性を惹きつけることができるのか? を中心にやっていきたいと思い、今回「おがわんサロン」を始める運びとなりました。

現在、私が管理者をしている、フェイスブックの恋愛相談ページには2500人程度の人がおられまして、私も情報サイト「しらベぇ」や「小学館Suits WOMAN」娯楽情報サイト「STARTT」さん他でも連載をさせていただいております。そういった経験を活かして、お一人お一人に細かいアドバイスができるサロンにいたします。

また、はあちゅうさんが月に9800円という会費を取られておりますので、私は月に「9801円」と、申し訳ありませんが一円高くても価値は何十倍という内容を目指します。

すでにフェイスブックで告知させていただいた結果、7名の方から数時間の間にご連絡をいただきました。その男女比は5名が女性です。


以下、フェイスブックと同じ内容になりますが、お読みいただきご参加をお待ちしております!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自分を乗り越えていけ! 君の心の中にはもっと新しいことができる隙間がある。


こんにちは、小川満鈴(おがわん)です。

私はありがたいことに、ここ数年で情報サイト「しらべぇ」「小学館Suits WOMAN」「STARTT」さん他に連載を持たせていただけるようになりました。ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、その内容のほとんどは「男女間の恋愛」や「男女間の関係」にまつわることです。

この「リアルガチに結婚しよう」のグループの管理者でもあるのですが、私が女性として皆様の投稿やコメントを見ていますと、「もったいない!!」と感じる部分がとても多くあります。それは、ほんのちょっとの工夫や考え方、写真の撮り方や投稿で圧倒的に異性を惹きつけることができるからです。

私が今回始めさせていただくオンラインサロン「おがわんサロン」では、「結婚できない」「彼女ができない」「素敵な人と巡り合うには?」等の悩みの相談を私の回答を中心にみんなで解決していくサロンになります。

また、私は今までに約3000万円をかけて集めてきた、セーラームーングッズの日本一のコレクターでもあるのですが、どうやったら好きなものに囲まれて仕事やプライベートを過ごすことができるのかもサロンの中でお話していきたいと考えています。月会費を低い値段に設定したのには、どんな方でもどんどん相談していただき、どんどん素敵な人と出会って結婚し、素敵な生き方を送ってほしいと考えたからです。

人間は1秒前の自分にも戻れません。どんどん時間は残酷に過ぎていき、ますます婚期も出会いのタイミングも少なくなっていきます。それにストップをかけるのは自分しかいません。

悩みの相談ができて、男女が集い、生活も変えることができる場所、それが「おがわんサロン」だと思っています。

NGT×体調不良×AKBビジネスの構造×自分を信じろ

未だにスッキリしない暴行事件の顛末ですが、その余波でNGTのメンバーに体調不良が多発しているのだそうです。

そして、ビックリすることにこの運営は、その間に研究生を舞台に上げて、代わりをさせている。

これ、どういうことかと言いますと、一見すごい儲かっているように見える運営ですが、構造がピラミッド式になっていて、つまりはネズミ講のように、上部は儲かるけれど、下に行けば行くほど経営は厳しいという証拠。だからこそ、数日の間でも客を入れないといけなくなっている。

それでもウハウハなのは自分の作ったメンバーを結局は食っていた秋元さんとその一味だけ。

さて、ちょっと話は変わるのですが、アイドル活動って「義務教育」ではありませんよね。

例えるならサークルのようなもので、もちろん仕事ではありますが、別に強制ではないわけです。

そして、今回のようなことがあって、おそらくこれからも起こるし、崩壊すると思いますが、この状態でここにいる必要ってありますか? 

例えばこのグループが船だとします。そして、船員同士で争いが起こって、関係のないはずの船員も巻き込まれている。さらに、船長はオーナーはポンコツでその対応もろくにできない。こんな沈みゆく船に必死に体調を壊してまで乗っている必要ってありますか?

さっさと救命ボートに乗って他の船や、出発前の自分の土地に帰ればいいんです。だって強制じゃないんだもん。

それでもその船にすがって乗り続けるリスクはとんでもなく大きいですよ……。

今の時代、別に大人が金儲けのために作ったグループに所属して活動する必要なんてありません。

これだけSNSが発展して、自分で好きなことを発信できるようになった今、何の価値もないんです。派遣と同じで、結局はピンハネされるだけ。

だって実際に、今回だってメンバーが自由にこの事件について発信していて、それがニュースソースになっている。

つまりは、個人の発信の方が事務所の発信した情報より信頼性があって、価値があるということ。

そう考えれば、なんでもできるじゃないですか?

いざとなっても守ってくれなかったのが分かって、保身に入ると分かった今、一刻も早くそんな船から逃げ出す時だと個人的には思います……。

はあちゅう×今度は妊活×結婚していないのに?×誰のため?×親の責任

なんだかどうしても矛盾を感じていて、はあちゅうさんとしみけんさんの「事実婚」のことを何度か書かせていただいたのですが、今度は「妊活」なのだそうです……。

ご存知の通り、妊活というのは妊娠をするために様々な努力を旦那さんと共にしていくものですが、これは相当に複雑な話。
事実婚を完全に悪いというわけではありませんが、やっぱり、ちゃんと結婚して子供ができないで悩んでいる人たちにとっては正直失礼にあたる部分もあると感じます。

妊活は、女性の体のことが一番大きいですが、男性側の問題、そしてメンタル、さらに仕事が邪魔になってしまってどうしても作れない、でも仕事を辞めると収入が……という問題も複雑に絡んでいます。

それを知っているはずなのに、事実婚で責任も持たない人間が妊活を公言するのって、ちょっとやっぱり足りない人なんだなって思う。

これでもし子供ができて、戸籍上、夫婦でない子供って大きくなったらどう感じるんだろう? 

時代はそう簡単に変わりません。確実に学校を含め、日常生活に支障が出てきます。

はあちゅうさんはともかく、しみけんさんはもう少し利口な人だと思っていたのにな……。

そういう発言をして、話題性を集めて、構ってもらって、自己顕示欲を満たしたい、目立ちたいのは痛いくらいわかりますが、それでもやっぱり妊活をその釣り絵にするデリカシーのなさには呆れます。

こんな両親(というか、事実婚なので、ただの男と女)に育てられる子供って一体……。

責任って大事ですよ。