ジャニーズ×Sexy×改名×解明×ショタコン

11月19日、ジャニーズJr.の人気ユニット『東京B少年』が、『Sexy美少年』に改名したと、公式サイト上で発表されました。

私自身はジャニオタではありませんので、この改名がファンの中で、そしてもちろん良いのか恥ずかしいのかはわかりませんが、とにかくなんだか気持ち悪いというのは確かです。

私の友人の放送作家さんがかつてこのグループを運営する社長の男性(喜多川氏)にインタビューしたことがあるそうなのですが、テレコが回っていないところで相当なことを話してくれたそうです。

その中で、「最近は日本で少年に手を出すとうるさいから、タイに行ってそういうことをしている」などなど。

そして、こういったことや、自身が受けたことをジャニーズを辞めた後に暴露した方々もいましたが、みんな干されるのだそうです。

最近のニュースで、芸能プロの代表が鍋に顔を突っ込ませたというのがありましたが、こっちの方も同等かそれ以上の行為のような気がするのですが……。

でもテレビはもちろんマスコミはジャニーズを出さないと数字が取れないのでヘコヘコして、こういったことは本当は知っているのに報道しない。

で、どこかの局や雑誌が出すと、徐々に様子を見ながら「うちもうちも!」となる。

日本は本当に情けないジャーナリズムでできている。

ジャニーズの盲信的なファンってこういう現実を知っているのだろうか? 

それとも、なんとかくんがそんなことしているわけない! キャー! って感じなのだろうか?

知っていてそれでも素晴らしいステージやダンスに対してファンだとしたらそれでいいのですが、もし知らないでキャーキャー言っているのだったらちょっとかわいそうですよね。

汚れていない、美少年、私が面倒見てあげたい! とか思っていたら……。もう面倒見すぎられているのに……。

芸能人なんてテレビのセットと同じ。表側は美しい綺麗なセットですが、裏はベニア板と釘だらけ。

それくらいの感覚で応援しておくと後々傷つかなくて済むと思うんですよね。

清純派女性アイドルだってゴリゴリに彼氏やスタッフと付き合っているわけですから。

防弾なんとか×韓国×騙される小中高生×被害者は誰?

原爆を意味するTシャツや、過去にはナチスの象徴する衣装で問題になっている、なんとか少年団ですが、未だに日本の若い勉強不足の子ども達はこういう韓国のエンタメに騙されて搾取されています。


また、私がある街へ行った際、同じ韓国のアイドルのイベントをやっていたのですが、そのイベント会場の周囲では韓国人と思われる方々が無許可の写真やクリアファイルなどを風呂敷広げて堂々と売っているんです。

で、そのクソグッズに集まる日本の勉強不足の中高生たち。

異常な光景だった。

私は私なり(もちろんもっと深い歴史があるのは感じています)に韓国のこと、歴史を勉強しました。

そして、やっぱり受け入れることはできないと思った。

でも、この防弾なんとかの人たちも「もしかすると」国に洗脳されているかもしれないとも思う部分もあるんです。

それは、韓国にはご存知のように19歳(通常)から兵役制度というのがあり、状況によって入隊の長さに差がありますが、短くても21ヶ月の間、兵役訓練を受けることになります。

まだ19歳の少年達にとって21ヶ月というのはあまりに長く、まだ自我も確立されていない中、恐らくは相当な反日教育がされるのでしょう(おそらくね)。

そう考えると、ある意味では彼らも「被害者」なのかもしれません。

芸能界においても、大人の芸能プロダクションや代理店とかの言うことをそのままやっているだけで、本当にそれが良いことなのか悪いことなのかもわかっていないかもしれない。

今までの韓国のアイドルの末路を見ていると、結局は事務所と揉めたり、メンタルがやられたりしてほとんどが消えていっています。

この防弾なんとかも、あと一年もすればメンバー脱退、事務所とトラブル、暴力事件で!となるでしょう(確実に当たる予想)。

そういう意味でももしかすると被害者であって、大人に利用されてるんだろうなとも思える。

が! その道を選んだのも自分。

アーティストを気取るのだったら自分の国、仕事をする国の歴史も勉強してもっと考えるべきですね。

熊田曜子×児童館×ママタレ×利用×ルール

ママタレ? としてやっている熊田曜子さんが児童館に子ども3人を連れて行ったら、児童館側にお子様は2人まで入れますと言われたということをブログに掲載して賛否が起こっています。

とっても難しい問題ですが、私は「ルール」って大事だと思うタイプ。

児童館側は今までの経験や統計を基に、内部のスタッフの人数や施設を考えて、1人の親について2人の子どもと決定したと思うんです。

極端なことを言えば、例えばおそ松くんのように、6つ子を持つ親がいたとして、全員を連れて行ったらスタッフさんはもちろん、親だって全ての子の安全を見守ることはできませんよね?

そして、もしそういった中で、怪我をしたりすると悪いのは児童館側になるわけです。

ルールというのは厳しくするためにあるのではなく、全ての人に平均的な安全を提供するために作られるもの。

それは格闘技でもスポーツでも同じで、服装だったり、武器の禁止だったり、体重別であったり、ルールというものがあるからこそ、その中で安全に競技を行うことができるんです。

もしルールがなかったらただのケンカ。

そして、私は基本的にグラドルが食いぶちを探して子供を利用してママタレとか言い出すのが苦手なのですが、どうして苦手なのかと言いますと、グラドルは体も顔もいじって、ある意味で他人に依存して生きている。

そして、子どもができるとまた、自分の能力でなく子どもという「価値」をダシにして生きる。

もちろんそれも自由ですが、なんか苦手。

しかも、この熊田曜子さんはペニオクという詐欺まがいのことをやっておきながら、しれっと身を隠して、そしてまたしれっと出てくる。この感じがすごい苦手。

ペニオクのように、ルールを無視したことをやっていた人は、ルールにも嫌われるんだなと思った今回のニュースでした。

はあちゅう×しみけん×未婚×新婚?×覚悟できない人

はあちゅうさんとアダルトビデオ男優のしみけんさんが、結婚しましたとメディアに報告してから数ヶ月が経ちました。

以前も書かせていただいたのですが、このお二人、結婚という言葉を「用いて」いますが、これは法的な結婚ではなく、いわゆる「事実婚」と言いますか、まあ、普通のお付き合いですね。

それを結婚となぜ呼ぶのか根本的に私は理解できない。

それは確実に、そこに矛盾が存在するからなんです。

今の時代、結婚という制度に反対、意味を感じない人も多くいます。

それを否定するつもりは全くありませんし、分かる部分もあります。

そういう人たちはそれはそれで男女として愛や性的欲求もあるわけですから、一緒に暮らすわけです。

それはそれで自由。

誰にも非難されるわけではありませんし、そのままでいいと思う。

そこなんです。このお二人もきっと結婚という制度に疑問を持っておられるのでしょう。

だったらね、一緒にいること、お付き合い、同棲することをなぜ「結婚」と呼ぶ必要があるのか? 逆に言えば、呼んでもいいのだろうか?

日本国における結婚というのは、男女(同性もありますが)2人が、戸籍上において、同じ姓(ここではそうします)になることを「結婚」と呼びます。

ただ、好き同士が一緒にいることはただの「お付き合い」なんです。

結婚制度を否定しておいて結婚という言葉を使う意味が全くわからない。

これって、小学生同士でなんとなく好き同士の子どもが、僕たち、私たち結婚してるのー!って言うのと同じですよね。

そして、どうしてこれが問題かというと、結婚というのはお互いの「責任」を持つことです。

これは法的にも結婚で変化してくることがあります。

普通という言葉は嫌ですが、みんなしっかりと籍を入れて、家族になるわけです。

つまり、このお二人は、もし何かあっても戸籍に何も残らない。

言い方を変えると、逆保険と言いますか、責任を取らなくていいという保険を使っているんです。

すごいカッコ悪いし、こういう矛盾のある人たちに私はどうしても疑問を覚えます。

はみ出している、俺たちってかっこいいでしょ? 新しいでしょ? みたいな。

1年半。

マイル×お金×柏木由紀×新婚×価値観

ちょっと前の話題になりますが未だに論議が交わされている、柏木さんの発言について考えてみます。

そもそもこの発言の内容は、「柏木由紀という方が、マイルを使って新婚旅行に行くのは嫌!」と言い、それについて、ケンコバさん他が反論したというものです。

まず、なぜマイルで新婚旅行に行くのが嫌なのか? という意図を考えてみますと、
まあ「なんか貧乏くさい」ということになるのだと思います。

そしてそれに反論したケンコバさん他の気持ちは、「旅は旅」「マイルだって自分たちで貯めたもの」という意図があるのでしょう。

で、その「カッコつけ」感に反論をしたのだと考えられます。

ここからは私の感覚になってしまいますが、まず、新婚旅行に行けるというだけでも私は嬉しい。

そして、マイルという言葉、単語を使ってしまうと柏木さんの気持ちもわからなくはないですが、例えば、2人で懸命に貯金をして、一緒に頑張っていこう! という気持ちがあればそれも素敵なことですよね?

私が一番「嫌だな」って思ったのは、柏木さんが結局は「他力本願」だということです。

マイルで行くのは嫌という裏には、すべて旦那さんが用意して、自動で連れて行って私を楽しませてね。という裏が存在します。

だから気持ち悪いし苦手なタイプだなと思った。

そもそも結婚というのはお互いがお互いを理解して、ある意味で妥協して、それでも色々なことが起こりますが、それでも2人でそれを解決していくものだと考えています。

こういう発想を根本に持っているから、ジャニーズの人とのお泊りを撮られたりと「粗」が出てしまう。

そして、ファンからのお布施もどこかでマイルみたいに思っているんだろうな…って思う。

こういう人が芸能界でやっていくには、自分の体を頑張って使うしかなくなる。内面の才能はないのだから。

そして、もうすぐまたどデカいスキャンダルが起こる予感が私はするんです。

頑張ってくださいや。