SKEとか×裏側×文句を言うなら×関わるな×自業自得

AKB系のグループ、SKEだかがファンとの付き合いがなんたらとか、元メンバーがなんたらとか、運営会社の説明や謝罪がなんたらとか揉めていますが、正直、全員クズに見えるんですよね。
まず、元メンバーとかがいちいち口を出してくるというのは、つまりは今の自分が売れていないからSNS等で発言して注目されたいわけです。

もし今がすごく充実していて、満足していれば、いちいち昔には関わりたくないと思うのが普通ですから。
そして、現在のメンバーもグチグチ言うならば「最初から入らなければいい」。それだけ。
だってね、その子だって自分の力でなく、大人が作ったブランド財布の中に入って、10円を500円で売ってもらっているんです。

なのだから、入る前に自分でもっと自分の人生を大きく左右する所属先を事前に調べて、把握するべきなんです。
中学の修学旅行でさえ行く場所や国を前もって調べて安全を確かめるものですよ……。

それを、チヤホヤされたい、でも1人じゃ何もできない。

でも群れれば強く見える大人がビジネスのために作ったグループに自分で入っておいて文句を言うのはすごいカッコ悪いです。

そもそも、秋元氏は自分の商品に手をつけて、その周辺の作曲家なども自分たちがプロデュースしたグループの子と当時から付き合っていたわけです。

そんな団体に入る時点で確実にリスクがあります。

今の時代、自分に自信があるなら自分で自分をプロデュースすればいい。
大人たちにピンハネされて、それを後になって文句を言うなんて、正直、自業自得。

うまい話には裏がある。

これはどんな世界でも絶対です。

世の中には人生のエレベーターなんてありません。
毎日の一歩に意味があるんです。

根元から間違えている×桃という人×確実に落ちていく×理由×危険性

いつのテレビだかよく知りませんが、当時人気だった番組に出演していた、桃というアラサーの女性がヤバいと思っています。

どうヤバいのか? 

まず、素人の方が恋人とかを表に出してそれで数字を稼ぐのは本当に危険だということです。
もちろん、世間の人というのは他人の恋愛を「覗きたい」ので一見注目しているように見えますが、その裏には、「早く別れないかな」「絶対うまくいかんわw」という目で見ている裏があります。
また、この方は、彼氏が優しい云々と書いていますが、本当に優しい彼氏だったら、まずこの方のやり方を注意して、普通の生活をさせてあげているはずですよね。
つまりは、この男性も有名になりたくて、桃という人を利用しているということになります。

これは私の経験と勘ですが、このお二人は1年持ちません。予言します。
そして、一見続いているように見えてもそれは裏でブログアフィリエイトの収入の分け前があるからです。

世の中には色々な形の恋愛があっていいと思います。

ので、部外者の私が首を突っ込むことでもなく、突っ込んだ時点で釣られていることになるのも理解しています。

が、このやり方は確実に本人たちが地獄、不幸せに向かっている列車に乗っていることに気がついていないので、少しでもちょっとはマシな線路作りのご提示ができればと思いました。

おそらくは、表に出して、「喧嘩した!」とか最後には「妊活開始!」と演じるのだとは思いますが、そのやり方は確実に自分たちの価値を減らしていて、取り返しがつかなくなることを理解しているはずなんだけどなぁ……。

バカユーチューバー×はじめなんとか×ニベア×バイトテロと同じ×レペゼンなんとか

日本では言い方は悪いですが、バカバイトによるバカ行為が花盛りです。

今後はガンガンそういうバカは訴えられていくようになる(なってほしい)と強く思うのですが、一方、ユーチューバーにも同じようにバカが増えています。
先日は、レペゼンなんとかという、一見正論のようで、実際にしていることは世間になんの必要もないおじさんが、これまた別に世の中に必要のない、はじめなんとかというおじさんに、ニベア入りのシュークリームを食べさせて、ニベアのメーカー側は注意の声明を出しました。

本当にくだらない人たち。

もちろんこの動画は、両者が打ち合わせの上、「演技」をしているわけですから(おそらく洗脳されているバカファンや子供はガチだと思っている)、双方に問題があります。

これをやって金銭を受けているわけですしね。SEOを使って、バカな一般人を騙しているだけ。

例えば、動画を作るとき(簡単に分解しますと)

シュークリーム(女子、子供、おばさんも好きで男も別に嫌いじゃないアイテム)
ニベア(さくらももこさんの缶などで最近話題になって、スタンダードなもの。これも男女共に知名度がある)
ドッキリ(一般の人は、アマゾンの星、レビューのように、誰かに人柱になってほしいという部分や、失敗、困る姿を見たいという根本がある)

これを組み合わせただけ。誰でもできることです。

このバカユーチューブのおっさん達と、バイトのバカをやって迷惑をかけている奴と何が違うのでしょうか?

ユーチューブというフィルターを通すとなんだかその罪の意識というか、エンタテインメントに見えてしまうのですが、冷静に見れば結局は同じです。こんなバカのアカウントはガンガン停止すればいいんです。

だって別になんの意味も価値もない動画ですからね。

おそらくは、外からは見えない「焦り」があって、もうネタがなくて限界なのでしょう。そもそもバカですから。

そしてね、こんなバカにキャーキャー言うのもやめましょうよ、すごいカッコ悪いです。

ただ、SEOを見てそれに準じたことを編集でごまかしてやっているだけの普通の人ですよ……。アドリブ力もなし……。

編集という技術で盛られているだけです。プリクラと一緒。

こんな価値なし映像に、天才とか言うバカ達……。

日本のエンタテインメントってこんなもんなんですね。

ピエール瀧×逮捕×占い師×インチキ×統計学×存在の意味なし

ピエール瀧さんの逮捕を実は的中させていた! と自称占い師のラブなんとかさんが小さなニュースになっているのだそうですが、ああ、本当にこういう人苦手。
確実に言えることは、この世に未来を見れる人なんて絶対に存在しない。
いるとすれば、今の時代はSEOとか統計学ということを占いとするならばあるでしょう。

そして、このラブなんとかさんは、仮に、仮に逮捕を読み当てていたとしましょう。で、実名も出さないで、なんとなく誰かが危ない、っていうことに何の意味があるのでしょうか? 

例えば私が、来週「Sのアルファベットのつく地域で名前に木がつく人間に不幸があります」と書くとします。これってもう無敵ですよね。取り方は無限に近い、解釈は人それぞれ。

考えてみてください。

未来が見れる人、人の未来が見れる人がそもそも自分の将来が見えていないから自称占い師として小銭を稼いでいるんです。

未来が見れるなら私だったら人に見れることは言わない。

そして、もっと自分が裕福で幸せになるようにする。

こういう占いやスピリチュアルなんとかというのは基本、じゃんけんでいう「後出し」なんです。

しかも、小学生が出すジャンケンのように、グーっぽく見える、パーっぽく見える、チョキっぽく見えるのと同時に出すあの形で出してくる。

なので、全ては出された相手の取りようになる。

それなのに、それを出された全ての人がインチキじゃん! って言うと思ったら大間違いで、ビックリすることに数パーセント、負けを認める人がいるんですよね。それがカモ。

全てを騙すのではなく、大きく網を投げて、数匹かかれば成功なんです。

ロバート・デ・ニーロの「レッドライト」という映画でこんな言葉があります。

龍神がなんとかとか、スピリチュアル、ヒーリング、ブロック解除なんたらで幸せなんとかと言っている人の種類は2つ。
▶本当に自分はその力があると信じている
▶嘘を見抜かれまいと思っている
結果、どちらも間違い。

人間にそんな力はないのよ……。

剛力×結婚×ZOZOダマシ×宇宙×メッキ

すでにほぼ一般人になった剛力彩芽さんが、ゾゾのおじさんと結婚はこだわらないことにしてお付き合いしていく、という内容のことを語られているのだそうです。

その一文を切り取った報道ですので真意はもしかすると違うかもしれませんが、単純に考えると「おっさんに利用されているな……」「うまく丸め込まれているな……かわいそう」と思ってしまうのは私だけでしょうか?

その理由として、このゾゾのおっさんは現時点で内縁の妻(つまりは籍を入れていない愛人のような人)が過去に2人いて、しかも子供もいるのだそうです。

もちろん結婚制度が必ずしも誰にも正しいとは言いません。

が、大きな会社を経営する人間というのはイメージが大事です。しかもそのイメージ戦略を自分で仕掛けているのですから。

それなのに、ちゃんと結婚もせずに魔法にかけて(これだけ年上なので、精神的に洗脳、制圧するのは容易です)利用している。

なんか心の底から気持ち悪いおっさんだなって思う。

宇宙も結局は行かないでしょうし(まあ、行ったからなんだっていう部分もありますが)……。

パフォーマンスであのビジネスはできるのでしょうか? 

なんだか懸命にメッキを塗り重ねて、でも次々にそのメッキが剥がれてきているように感じてしまう。

そして一番かわいそうなのは無知な剛力さん。

まさに時間制限のある時限爆弾のよう……。

男だったら、なんて言葉は差別みたいで嫌ですが、でも本当に大事にするのだったらしっかりと籍を入れて大事にしてあげてほしいです。

でも、そうなると今後は反動で剛力さんが嫌がって結局は破局するんだろうな……。

それほどゾゾおっさんが蒔いた種の質は良くなかったということです。